富士市にある紺屋製紙株式会社は「地球環境を第一に考える」をモットーにしています。

会社案内

環境保護への取り組み

より地球に優しい環境を創造できるよう、全社で取り組んでおります。

私たちの生活環境は、この数年大きく変貌しております。政治経済はもとより、地球環境に至るまで、時代が求める自立は人類に与えられた試練と解釈しております。
当社は、地球環境を重視し原料の選択・設備等を改善し、リサイクル製品を通じて、より地球に優しい環境を創造できるよう、全社で取り組んでおります。
新規投入したN2号機は、その背景を担いリサイクル紙で高品質・多品種生産を可能にしました。これにより地球環境に、価値ある製品提案をもたらす事と確信しております。
来るべき時代に向けより一層の努力を続ける所存です。
 
何卒ご支援の程、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

煙突のない工場

2000年3月11日 煙突のない製紙工場として弊社が新聞に掲載されました。
ヨーロッパの製紙会社を参考に家庭と同じ都市ガスを用いたこと。
再生古紙100%再利用製品による吸水性に優れ、手触りもパルプ製品にそん色ないタオルペーパーの開発に成功したこと
などが記載されています。

会社概要

 

 

社 名 紺屋製紙株式会社
所在地 〒417-0061 静岡県富士市伝法3199

TEL 0545-52-1114

FAX 0545-53-8882

フリーダイヤル 0120-102834 (てにやさしい)

ホームページアドレス http://www.konya.co.jp

創 立 昭和32年6月10日
資本金 50,000,000円
業務内容 タオルペーパー・産業用特殊紙製造
代表取締役 山本 久也
社是 敬愛
経営理念 当社は社員の幸福増進の為に、価値ある商品を市場に供給し

顧客に満足を与える事によって産業界を通じて社会に貢献する。

基本方針 1.お客様を大切にする。

2.利益の向上につとめる。

3.問題意識を持ち、改善能力を養う。

4.人間関係の融和と信頼を築く。

5.安全衛生、職場美化に努める

沿革

 

 

昭和29年10月 富士市今泉に撚紐原紙の「紺屋製紙」として発足。
昭和32年 6月 紺屋製紙所より『有限会社紺屋製紙』に改組。資本金500万円。
昭和36年 4月 富士市今泉より現地に移転。1号抄紙機設置。
昭和39年 5月 2号抄紙機稼働。
昭和40年 8月 資本金1,000万円に増資。
昭和46年 8月 タオルペーパー製造。
昭和49年 1月 3号抄紙機増設。
昭和58年 5月 1号抄紙機S&BでN1号抄紙機新設。
昭和59年 4月 TQC、小集団活動の導入。
昭和63年 2月 原料調整設備を一新、高品質化を図る。
平成 2年10月 関連会社『ラップ株式会社』を設立。
平成 5年11月 社名を『紺屋製紙株式会社』に改組。
平成 6年 4月 静岡県労働基準局長よりゆとり優秀創造賞受賞。
平成 7年10月 『環境にやさしい』をキャッチフレーズに「未晒タオルペーパー」製造開始。

東京中小企業投資育成株式会社、資本参加。資本金5,000万円。

平成 8年 7月 静岡県地域産業技術改善費補助金制度による

「中小創造法認定企業」に指定される。

平成 9年 2月 5S活動の導入。
平成 9年10月 しずおか夢起業’97新製品メッセに出展。
平成13年12月 2号抄紙機S&BでN2号抄紙機新設。
平成15年12月 ベトナムライセンス取得。
平成16年10月 Konya paper Vietnam 運転開始。
平成20年12月 ベトナム第2工場完成。
平成21年 9月 倫理17000認証取得。