富士市にある紺屋製紙株式会社は「地球環境を第一に考える」をモットーにしています。

会社案内

ごあいさつ

207644_182987845080296_2911188_n
                                                                                                                                                                                                               

紺屋製紙のめざすもの

より地球に優しい環境を創造できるよう、全社で取り組んでおります。

 私たちの生活環境は、この数年大きく変貌しております。政治経済はもとより、地球環境に至るまで、時代が求める自立は人類に与えられた試練と解釈しております。当社は、地球環境を重視し原料の選択・設備等を改善し、リサイクル製品を通じて、より地球に優しい環境を創造できるよう、全社で取り組んでおります。

新規投入したN2号機は、その背景を担いリサイクル紙で高品質・多品種生産を可能にしました。これにより地球環境に、価値ある製品提案をもたらす事と確信しております。 来るべき時代に向けより一層の努力を続ける所存です。

何卒ご支援の程、今後とも宜しくお願い申し上げます。

紺屋製紙株式会社

煙突のない工場

2000年3月11日 煙突のない製紙工場として弊社が新聞に掲載されました。 ヨーロッパの製紙会社を参考に家庭と同じ都市ガスを用いたこと。 再生古紙100%再利用製品による吸水製に優れ、手触りもパルプ製品にそん色ないタオルペーパーの開発に成功したことなどが記載 されています。
煙突のない工場
煙突のない工場